2021年05月16日

TOTO製トイレ入替工事GG-800

糸魚川市内でトイレの入替工事を承りました。

DSC_0619





























TOTO製手洗いなしのタンク一体型です。
数日前からタンクの不具合が出ており年数も経っていることから
今回入替工事となりました。


DSC_0629













便器を取り外した状態です。
排水管、給水ホースを調整して新しい便器を取り付けます。


DSC_0630





























新しくタンク一体型のTOTO製便器を設置しました。
今回はお客様のご希望により手洗い付きにさせて頂きました。

トイレや洗面台、キッチンなど水回り商品もおまかせください^^



kobaden_itoigawa at 12:47|PermalinkComments(0) 工事 | トイレ

2021年02月15日

電気温水器からエコキュートへ

糸魚川市内にて電気温水器からエコキュートへの

取替工事を承りました。

東北電力の契約では4月から深夜機器割引がなくなるため

電気代がグッと高くなることが見込まれます。

DSC_0394





























今までお使いだった電気温水器です。
まだ使える状態ですが、今回糸魚川市のリフォーム補助金があること
東北電力からキャッシュバックキャンペーンがあること
また、糸魚川市プレミアム商品券があることと
様々な特典も重なったことから取替工事へとご依頼頂きました。

DSC_0471






























温水器を撤去し、給水給湯配管の変更と
ヒートポンプ配管の追加を行います。

DSC_0473





























コロナ製370L高圧タイプのエコキュートです。
タンク、ヒートポンプを設置しました。

糸魚川市の水道は石灰を多分に含んでおり
メーカーによっては糸魚川市内の設置は不可

しているメーカーもあります。

また、糸魚川市内は海に近く塩害を受けやすいことから
ヒートポンプ架台は亜鉛メッキ塗装の錆びない物
を使います。
そして、今回はヒートポンプ内部を耐塩処理させて頂いております。

電気温水器からエコキュートへ変えたことで
月々の電気料金もかなり下がると思われます^^

当店にご依頼頂きありがとうございました。



kobaden_itoigawa at 09:21|PermalinkComments(0) オール電化工事 | エコキュート

2020年10月31日

エアコン設置工事

糸魚川市内でエアコンの新規設置工事をご依頼頂きました。


弊社エアコン工事の流れを今まで記載していなかったので

改めてこちらでご紹介致します。

DSC_0284












室内機の設置場所で下地等を見ながら

水平をしっかりとって取付板を取り付けます。

DSC_0286












柱やケーブル等、壁中の物を損傷しないよう

慎重にコア抜き(穴あけ)をしていきます。

DSC_0287












室内の気密性確保と小動物が侵入しないように

保護パイプを入れます。


DSC_0288












室内機に室外機との連絡線(Fケーブル)を接続します。

ケーブルは指定の規格に合った太さの物を使用します。

DSC_0289












室内機の設置が完了しました。

DSC_0290












室内機と室外機を繋ぐ配管を加工します。

この作業を確実に行わないと、後々ガス漏れなどの原因になってきます。

まずは切断面のバリを取り除きます。

DSC_0291












配管を接続できるようにフレア加工します。

DSC_0292












室内機と配管を接続します。

接続時はトルクレンチを使って既定の強さで絞めていきます。

DSC_0293












接続したところは結露しないようにテープで隙間なく巻いていきます。

隙間があいていたり、テープ巻きがあまいと結露をおこし

カビの発生や銅配管の腐食の原因となります。

DSC_0294












配管穴はパテでしっかり埋めて小動物等入らないようにします。

DSC_0295












今回使用した配管カバーのスリムダクトの色はアイボリーです。

固定する際に使用するネジはステンレス製です。

外壁が明るい色ですから、鉄ネジを使用すると

数年でネジがサビ、雨などでそのサビが流れ

外壁をサビ水で汚す原因となります。

DSC_0296












室外機の設置架台です。

糸魚川市内は海が近く、塩害の影響が大きいので

弊社では必ず亜鉛メッキ塗装のサビにくい架台を使用します。

今回は平地置きを使用しますのでブロックにアンカー留めします。

DSC_0297












固定するアンカーもサビにくいステンレス製を使用します。

DSC_0298


























配管をスリムダクトに納めていきます。

上部はアイボリーを使用しましたが

途中にブラック、ブラウンと外壁の色に合わせ変えて取り付けます。

DSC_0299












架台に室外機を乗せ、配管等を接続していきます。

露出部分の配管は最後までテープ巻きをし

紫外線や雨風での配管の劣化を防ぎます。

DSC_0301












接続が完了したら真空ポンプにて配管の中の

空気、湿気を取り除き完了となります。

DSC_0302


























エアコン設置工事に関してのお問い合わせは

お気軽に当店までご連絡ください。


kobaden_itoigawa at 16:35|PermalinkComments(0) エアコン工事 

2020年04月12日

次亜塩素酸加湿器 HLF-Z5000

お部屋の空間に浮遊する菌やウイルスに効果を発揮し


気になるニオイも抑制して空間をキレイにする

次亜塩素酸加湿器の取り扱いをしております。

只今、当店では在庫3台ございます。

また、日立キャンペーン実施中で今なら交換用の

加湿フィルター・除菌フィルターが5セット付きです。

日立次亜塩素酸加湿器 「ピュアクリエ」

i-img489x489-1582953513a4rojo13706

















パナソニックのジアイーノも欠品が続いてるそうですが

日立の次亜塩素酸加湿器「ピュアクリエ」もおすすめです(^^♪



kobaden_itoigawa at 09:46|PermalinkComments(0)

2020年01月01日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます


旧年中は皆さまから格別のお引き立てを賜り
厚く御礼申し上げます

本年、弊社合名会社小林デンキは
創業80周年を迎えます

改めて初心に立ち返り、皆様の快適な暮らしの
お手伝いをさせて頂きたいと考えております

どうぞ一層のご愛顧のほど
お願い申し上げます

12


kobaden_itoigawa at 00:17|PermalinkComments(0) お知らせ 

2019年07月01日

PayPay支払いに対応しました

paypay_1_cmyk









7月1日より当店でPayPay決済が利用できるようになりました。

現在、糸魚川市内の量販店を除く地域家電店で

PayPayを利用できるのは当店だけのようです。

お買い物の際はぜひご利用ください^^



kobaden_itoigawa at 12:00|PermalinkComments(0) お知らせ 

2016年12月27日

糸魚川大火災害

12月22日に糸魚川市内で発生しました大火災の件で
多くの方からお気遣いのご連絡、またお見舞いなど頂きまして
本当にありがとうございます。
弊社建物及び、スタッフには被害はありませんでした。

ただ、弊社近隣のお宅をはじめ、140軒を超える甚大な被害があり
被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

幼少の頃より慣れ親しんだ街の姿が一晩で変わり果て、お客様の家、友人の家、
先輩や後輩の家のあった場所を見ては心を痛め、悲しみに暮れておりました・・・・


ですが、私たちは一刻も早い市内の再興を目指し、昨日よりも今日、今日よりも明日
前を向いて少しずつでも糸魚川が明るくなるよう頑張って活動して参ります。

がんばろう!糸魚川!

画像に含まれている可能性があるもの:屋外


kobaden_itoigawa at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月08日

日立太陽光発電システム 2.34kw設置工事 Part2

先日の糸魚川市内での日立太陽光発電システム
2.34kw設置工事に引き続き、前回と同じ容量での
工事を糸魚川市内で行いました。

今回は南、西、東の3面設置です。

それでは工事の様子をご紹介します。

IMG_0514
















まずは取り付け金具を設置する箇所の瓦をめくって
金具の補強板を設置していきます。
補強板を固定するビスは確実に屋根下にある
垂木に打ち込んでいきます。
強度を考えてこれは間違いなく行わなければいけません。

IMG_0515
















金具下に防水シートを貼り付け金具を5本の
ビスで固定していきます。

IMG_0517
















金具を取り付けた後は金具の周り、ビス頭に
専用のコーキングで防水処理をしていきます。
金具下の補強板にも同様に、周囲へコーキングします。

IMG_0519

















金具を設置したあとは瓦を元通りに
戻していきます。

IMG_0524

















これをモジュール(太陽光パネル)の数に合わせて
全て取り付けていきます。

IMG_0528

















金具を取り付けた後、そこへ縦桟を設置していきます。

IMG_0533

















縦桟の設置がすべて終わったら次は
そこへ横桟を取り付けていきます。

IMG_0535

















金具の一番軒下側にはカバーを取り付けます。
この軒先カバーがないメーカーさんもありますが
これがあるとグッと見栄えも良くなりますね。

IMG_0540
















落雷などに備え、しっかりとアース線も取り付けます。

IMG_0541
















太陽光モジュール(パネル)を設置してしまうとその下は
なかなか見えないのでモジュール配線など
屋根の上に転がしているだけの工事も見かけますが
夏場の屋根の熱や風雨で劣化する恐れもあるので
配線はしっかりと金具に固定します。


IMG_0537
















全ての金具が設置できたらいよいよパネルを
設置していきます。

IMG_0547















IMG_0546
















IMG_0545

















3面にモジュールを各4枚づつ合計2.34kwの
設置が完了しました。

kobaden_itoigawa at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 太陽光発電システム