2011年03月16日

落ち着こう!糸魚川!

この度の東北太平洋沖地震で被災されました皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

11日より、テレビの映像を見ておりまして大変ショックを受け、
ただただ、深く悲しんでおります。

一日も早く復旧されますよう心よりお祈り致します。


こちら糸魚川では運良く被害もほぼなく
いつもと変わらぬ日常をおくれております。

しかし、地震直後より当店でも電池、懐中電灯、カセットコンロ、
石油ストーブ等々が品切れしております。

今後の備えと、計画停電が行われている関東方面にいる知人に
送ってあげるという方が多いようです。

聞くところによると糸魚川のスーパーなどでも
トイレットペーパーやカップ麺等々が品切れしているそうです。

もちろん、今後これからの状況が不明で
不安な気持ちはよく解ります。

ですが、買いだめされてる方、そこまでの量が
本当に必要でしょうか?

例えば、単2電池2本を使う懐中電灯は
点けっ放しでも20時間近く電池はもちます。
(当社取り扱い懐中電灯の一例)


電池が一家庭に何十本も必要でしょうか?

販売店も品物がなくなれば、お客様にご迷惑をかけないように
品切れの物は発注を出すでしょう。

それは被災地の東北地方に行く品物の数を
減らすことになります。

一部メーカーのアルカリ電池等を除き
懐中電灯や電池は中国などのアジアで生産されております。
船便での輸送ということを考えると
入荷は時間がかかります。


募金や節電、我々には被災地の為にできることは
それほど多くはないのかもしれません。

中越地震や阪神大震災の時、
「がんばろう新潟」「がんばろう神戸」という
キャッチフレーズで被災された方を励ましていました。

ほとんど被害のない糸魚川、とにかく落ち着きましょう!
被災された方達に必要な物だけでなく
今自分達に本当に必要な物はなんなのか?
不必要なものはなんなのか?
一度落ち着いて考えて、行動しましょう

それが遠回りかもしれませんが被災地の
方々の為にもなっていると思います。

先日、当店におそらく初めて来られる方で、懐中電灯と電池が
あるかと聞かれた方がいらっしゃいまいたが
どちらも残念ながら在庫を切らしている旨
丁寧に申し上げお断り致しました。

その帰り際「そりゃこんな店にはないだろうと思ったけどさ!」と
捨て台詞を吐いて行かれました。

そんなことを言ってもなにもならないですし
お互い気分も悪くなるじゃないですか?
カリカリしても良いことは一つもないと思います。
本当に悲しくなりました・・・

テレビでも「落ち着いて行動して下さい」としばしば
呼びか掛けておりますが、被災地だけではなく

被害のなかったここ糸魚川でも落ち着いて、
考えて行動していきましょう!

落ち着こう糸魚川!


kobaden_itoigawa at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔