2012年03月12日

太陽光発電システム4.5Kw設置工事 糸魚川市内

糸魚川市内で、太陽光発電システム工事を行いました。
今回はソーラーフロンティア社製、4.5Kwのシステムです。

IMG_0078




工事前の状況です。
和瓦の寄棟屋根2階建てです。
今回はできるだけ多く発電するようにして欲しいということで
大屋根に東・西・南の3面と下屋南面(写真左側)にも1面設置します。

IMG_0825




まずは墨出しをし瓦をはがしていきます。
場所が決まったら固定金具を取り付ける補強板を設置していきます。
補強板の下にはブチルゴムシートを敷き防水します。
(※防水シートを敷かない工法のメーカーもあります)

補強板は確実に垂木にビス留めします。

IMG_0828




固定金具を取り付け瓦を元通り戻しました。
固定金具の下は瓦保護用のゴムシートが付いています。

IMG_0837




全ての固定金具が取付きました。
ソーラーフロンティアのシステムは横桟を使用しない工法なので
この上に縦桟を取り付ければ架台の設置はほぼ終了です。

IMG_0844




固定金具に縦桟金具を取り付けていきます。
積雪地用の架台です。

IMG_0858




以前のブログでは記載していませんでしたが
架台にはアース線を接続し落雷時にはアース線で逃がすようにしてあります。

IMG_0853




大屋根東面にパネルを設置した様子です。
10枚のパネルを設置しました。

IMG_0855




大屋根南面にパネルを設置した様子です。
6枚のパネルを設置しました。
南面ですが、落雪のことを考えてこちらはわざと少なめにしてあります。

IMG_0860




西面設置の様子です。
配線がまだ途中の写真でした・・・
こちらは10枚のパネルを設置しました。

IMG_0861




下屋、南面に24枚のパネルを設置した様子です。
こちらもまだ配線途中の写真です

IMG_0107




下屋に設置したパネルは大屋根からできる限り離しました。
大屋根のパネルからの落雪があたらないようにと
影ができるだけ当たらないように、それと下の車庫入口に
雪が落ちないように設置しました。

IMG_0866




廊下の配電盤横にパワーコンディショナーとブレーカーを設置しました。
パワーコンディショナーで発電した直流の電気を家庭内で使える
交流の電気に変換します。

配線は 2階天井裏 → 壁中 → 1階天井裏 → 浴室点検口と
宅内配線は露出配線を全くせずに隠蔽して1階廊下までもってこれました。

設置面が4面あり、おまけに悪天候でしたので
2日にわたっての工事でしたが無事完了しました。

こちらのお宅は糸魚川市から280,000円の補助金、
国から216,000円の補助金が出ましたので
合計496,000円の補助金を受け取ることができました。

補助金の申請は当社で代行して申請させて頂きました。

IMG_0139




当店に太陽光発電システムの設置工事を
ご依頼頂きありがとうございました!


kobaden_itoigawa at 22:44│Comments(0)TrackBack(0)太陽光発電システム 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔