2008年12月03日

エコキュートの選び方 注意点

bhpf46fd












近年、非常に設置されるお宅が多くなったエコキュート、
当店でも販売、設置を行っております。
ここでエコキュート購入にあたっての注意点をご説明します。

○まずはお湯を貯めるタンクの容量が合っているか。

エコキュートは電気代の安い深夜電力を使ってお湯を沸かします。
お湯を使い過ぎてお湯がなくなるということはありませんが
お湯が足りなくなると深夜だけでなく
日中もお湯を沸かさなくてはならなくなります。
するとせっかく省エネが売りのエコキュートを入れたのに
電気代が高〜い! なんてことになります。
タンクの容量は家族3〜5人だと370ℓ、
家族が4〜7人だと460ℓと言われております、
そのあたりを参考にして機種を選びましょう。

○次に海が近いかどうか?

海からの潮風がエコキュートには大敵です
各メーカーによって細かい点は違いますが
外板回り、電気部品を防錆、防腐処理した
「耐塩害仕様品」というのがあります。
海が近くの場合は是非ともこの「耐塩害仕様」を
おすすめします。
また一部メーカーには塩害にさらに強い
「耐重塩害仕様品」というのもあります。
海が目の前なんてお宅はこちらがおすすめですね。

○糸魚川での注意点

糸魚川にお住まいの方ならご存知の方は多いかも
しれませんが糸魚川(旧市内)の水道は
石灰分が非常に多く含まれています。

やかんでお湯を沸かしたりするとやかんの中が
白くなるあれです。
エコキュートもお湯を沸かしますのであの石灰が
熱交換器を目詰まりさせてしまったり
機械に影響する場合もあります。
メーカーによっては糸魚川地区では
あまり販売しないで欲しいというメーカーもある程です。

当店ではこのような点を踏まえてお客様に合った
商品を選びご提案致します。

エコキュートは2001年にまずコロナが製造、販売を開始した
まだ歴史の浅い商品です。
現在は大手電機メーカー各社から発売されていますが

残念ながらお客様に合った商品ではなく
会社の売りたい商品を売ったり、商品をあまり
理解していなかったり、質の悪い工事をする業者がいます。

水質や塩害など、糸魚川地区は特殊な地区ですので
よくその環境を理解している地元の販売店から
購入されることをおすすめします。
その中でも当店を選んで頂けたら幸いです。

市外、県外地域から来た糸魚川の環境をあまり理解していない
訪問販売業者などで購入することは
避けた方がよろしいと思います。

当店で購入して頂いた商品を長く安心して
使って頂けるように商品選びから設置工事、ご説明
その後のメンテナンスまでしっかりと行います。





kobaden_itoigawa at 17:22│Comments(0)TrackBack(0)オール電化工事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔