2008年11月10日

日立PAMエアコン取付工事

日立のPAMエアコン「RAS-SC22X」を取付しました。
昔はエアコンの取付工事というと夏真っ盛りの期間に
取り付けるのがほとんどでしたが
ここ数年は特に、春・秋・冬でも季節に関係なく
取り付けることが多くなりました。

暖房能力が格段に良くなったこと、電気代があまりかからない
非常に省エネな商品が出てきたこと、
加えてニュースでも盛んに報道されている
原油価格高騰による灯油の価格高騰。
今は18リットルで2,000円以上するんでしょうか?
このPAMエアコンであればファンヒーターの灯油代よりも
電気代が安くなりますので経済的です。
そんなわけで冬の暖房をエアコンにする方が急増しています。
灯油切れでタンクに灯油を注ぎにいく手間もかかりませんしね。

ちなみに我が家もファンヒーターが「給油」になった時に
「誰が灯油入れに行くんだよ〜!」「こないだ私行ったから
今度はあんたね!」などととケンカになってましたので
昨年から、全部屋エアコンの暖房にしました。

前置きが長くなりましたが・・・
P1000226

 

 

 

 

 

 

 

運転すると前面パネルの上部が自動的に開きます。
フィルターも自動お掃除機能が付いているので
お手入れの必要は全くありません。

室外機などの写真を撮り忘れてましたので
また後日掲載致します

 



kobaden_itoigawa at 18:46│Comments(0)TrackBack(0) エアコン工事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔