オール電化工事

2011年03月02日

コロナ エコキュート表彰

IMG_1942


















先日、11月からのコロナエコキュートキャンペーンの
達成記念表彰&招待会が月岡温泉華鳳にてありました。

期間中に指定台数のエコキュート販売実績のあった
販売店が招待され表彰されました。

IMG_1943














糸魚川の家電店では当社だけだったようです。
当日は初めてお会いした販売店の方などから
貴重なお話をお聞かせ頂いたり
大変貴重な時間を過ごせました。

翌日は通常業務でしたので5時半起床で
朝食も食べずに帰社しましたけども・・・

当店でエコキュートをご契約下さいました皆さま、
ありがとうございました!
おかげさまで有意義な時間を過ごすことができました^^

kobaden_itoigawa at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月07日

平成22年度 エコキュート補助金

久々の更新です^^;
新年度を迎え、あれやこれやと計画をしております。


平成22年度、エコキュートの補助金の概要が決定しました!

金額 ¥40,000 (家庭用)

<申し込み期間>

   第1期 4月19日(月)〜6月 4日(金)

   第2期 6月 7日(月)〜7月23日(金)

   第3期 7月26日(月)〜 9月10日(金)

   第4期   9月13日(月)〜  9月30日(木)
     (第4期の募集台数は、若干数の見込み)
   

交付予定台数はまだ未定ですが申し込み期間に
入ると申し込みが殺到すると思われます。

交付予定台数に達し次第その期間の
申し込み受付は終了となります。
募集は各期共 先着順です!

詳しくは小林デンキまでお問い合わせ下さい!

TEL 025-552-0044

メール kobaden@coral.ocn.ne.jp


詳しくはこちら ↓ 日本エレクトロヒートセンター

http://www.jeh-center.org/ecocute/index.html


bhpf46fd当店の主なエコキュート
取り扱いメーカー

   ・日立

   ・コロナ

   ・ダイキン

kobaden_itoigawa at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月17日

ダイキンエコキュート EQK37KFCVE

ダイキンのエコキュート耐塩害仕様
パワフルシャワーシリーズの「EQK37KFCVE」
設置工事を行いました。
以前からエコキュートには興味があったそうなのですが
ある店舗で「糸魚川の水質ではエコキュートは使えません!」と
断られていたそうです。
糸魚川の水質ではダメと言ってるメーカーも何社かありますが
「当社は全く問題ないです!」と自信を持ってるメーカーも
ちゃ〜んとありますから!

それでは工事の様子です。DSCF0001















今までお使いだったガス給湯器です。
これを撤去して、タンクは同じ場所に置けませんので
給水、給湯、追い焚きの配管経路を変更します。
タンク、ヒートポンプの設置場所はずっと左側になります。

P1000412

 

 






タンクの設置場所にコンクリート基礎を作ります。
強度をしっかり保つために鉄筋を組んでいきます。

DSCF0002

 

 

 

 

 






コンクリートを型に流し込んで1週間乾かした基礎です。
面取りもしっかりできています。

DSCF0003

 

 

 

 








必要のなくなるガス配管、ガスメーターも撤去します。

DSCF0004














今まで使っていた電気メーター器です。
デジタル式の深夜電力対応のメーター器に取り替えます。

DSCF0007
















メーター器を取替えました。

DSCF0006














給湯、給水、追い焚きの配管は露出させず
床下で経路変更し配管しました。

DSCF0005














タンク後の基礎部分をコア抜きし配管を出しました。
配管露出部はほとんどありませんが
出ている部分はテープ巻きします。

DSCF0010














ヒートポンプの架台は亜鉛塗装の錆びない架台です。
タンクとヒートポンプの接続配管は露出になるため
スリムダクトでカバーします。

ニョロニョロと配管がうねってたり地面に転がしてある
配管もよく目にしますがこうしておけば見た目も良いですし
配管の劣化もしなくなりますし、保温効果もあります。

DSCF0011














ヒートポンプの接続口もしっかり断熱します。
入る水が凍らないように、タンクへ向かうお湯が冷めないように
キチッと断熱しないといけません。

DSCF0016














カバーをして横から見た様子です。
配管がしっかりカバーに収まっています。

DSCF0012














タンクを設置しステンレスのアンカーで固定します。

DSCF0014

 

 

 

 

 

 




リモコンも新しいものに交換しました。


DSCF0017














全て接続が完了しタンクの脚部カバーも取り付けました。
2ヶ所、3ヶ所でお湯を同時に使ってもお湯の出が弱くならない
パワフルシャワータイプです。
すでにIHをお使いでしたのでこれでオール電化住宅となりました。

当店にエコキュート設置工事をご依頼頂き
ありがとうございました!!



kobaden_itoigawa at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月19日

日立 エコキュート BHP-F37FU 耐塩害仕様

日立のエコキュート「BHP-F37FU」
取付工事を行いました。
海が近いということもありヒートポンプは耐塩害仕様です。

すでにIHクッキングヒーターを使ってましたので
これでオール電化住宅となります。
まずは必要のなくなるガスメーターを撤去します。

P1000332-2









ガスのメーター機を撤去しました。
ヒートポンプはここに設置します。
右の穴ぼこは以前使っていた風呂釜の煙突が
通っていた穴です。
今回はこの穴も利用します。

P1000331










使っていたガス給湯器は室内に設置してあります。
屋外にエコキュートのタンクを設置する場所がないので
ガス給湯器を撤去し、屋内同じ場所にタンクを設置します。
こちらは台所の勝手口で、もう出入りに使っておらず
タンクを設置しても問題ないということでこちらになりました。

P1000329









電気メーター機を深夜電力用に取替え
横にエコキュートのブレーカーを入れる
ボックスを取り付けます。
「B方式」と言いまして屋内配電盤側に負荷のかからない
配線方式にしました。
右上の穴はガス給湯器の給排気管が通ってた穴です。
こちらは後ほどふさぎます。

P1000327









電気メーターの下にヒートポンプを取り付けました。
錆びないステンレスのアンカーで壁掛けにしています。
壁掛け金具はこちらも錆びない亜鉛塗装のものです。

P1000322









ガス給湯器を取り外し、給水、給湯経路を変更します。
今回使用した配管は架橋ポリエチレン管です。
ピンク色の配管は浴槽追い焚き配管です。

P1000328









タンクを屋内に搬入し配管を接続しました。
この後、接続部分を断熱作業します。

P1000323









ヒートポンプ側も接続しました。
使用した配管はアルミ3層管です。
こちらも同様、接続部分は断熱材を巻き保温します。

先ほどの架橋ポリエチレン管もアルミ3層管も
テープ巻きをせずに施工されてる現場を良く見ますが(ホント多いです!)
年数が経つと紫外線や雨風でボロボロになります!
エコキュートの配管がテープ巻きをしていない
ピンク色や青色またはオレンジ色のままでしたら要注意ですよ!

P1000326









リモコン等々を取り忘れてましたので
後日掲載致します。
暖房もエアコンを使っておられますので
これで完全オール電化!
火はご主人のタバコだけとなりました! 

光熱費も来月からどれくらい安くなるか楽しみですね♪





kobaden_itoigawa at 18:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年04月18日

ダイキンエコキュート EQK46KFVE

ダイキンエコキュートの耐塩害仕様
EQK46KFVE
を納品致しました。

DSCF0010

配線途中の写真ですが・・・










こちらの新築のお宅は当店と初めてのお取引です。
市外業者さんから見積りをもらっていたそうですが
このブログで以前のダイキンエコキュート設置の様子を
ご覧になり、当店のことを知って頂き
市外よりも地元の業者の方が良いと
今回のお取引となりました。
本当にありがとうございます!


ご期待を裏切らないようがんばります!

ヒートポンプユニットです。
プラスチック製の簡易台、プラロックを使う業者さんも
ありますが当店では錆びない頑丈な
亜鉛塗装の架台を使って設置します。
固定するアンカーも錆びないステンレスアンカーです。

DSCF0011












タンクは今回も海が近いこともあり
特注のタンクカバーをかけました。
ヒートポンプユニットは耐塩害処理してあるのですが
タンクは通常品ですので腐食防止と
厚手のカバーですので保温効果もあります。


DSCF0013












タンクカバー下部は点検ができるように
マジックテープ処理で開けられるようにしました。

DSCF0014













そして安心の8年保証♪

設置後も点検等で時々寄らせて頂きますので
よろしくお願い致します!


当店にご依頼頂き
ありがとうございました!!



kobaden_itoigawa at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)