太陽光発電システム

2012年07月07日

太陽光発電システム2.7kw設置工事 糸魚川市内

少し前になりますが、糸魚川市内でソーラーフロンティア製2.7kwの
太陽光発電システムの設置工事を行いました。

月々の光熱費をできるだけ安くしたい、
原発の問題があり自宅で発電することに興味があったこと
この2点からまずは現場調査、お見積り、光熱費シミュレーションにて
ご提案しまして今回ご成約頂きました。

それでは工事の様子です。

まずは太陽光パネルを屋根の上に固定する金具を
取り付けていきます。
今回の屋根は金属横葺きです。

IMG_0259



防水用のブチルゴムシートを屋根に貼りその上に固定金具を置いていきます

IMG_0261




専用のビスを屋根に打ち込んでいきます。
ビスは確実に垂木に打ち込むようにし強度を上げます。

※垂木に合わせないで野地板にビスを打ってOKのメーカーもありますが
どちらの方が強度的に安心かは解りますよねえ・・・

IMG_0262




ビス頭、金具の三方をコーキングしていきます

※こちらもコーキングなし、金具下のブチルシートの防水だけで
OKのメーカーもあります。

IMG_0266




墨だしした位置に全ての固定金具を設置します

IMG_0267




さらにその上に防水キャップを被せます。
ここまで厳重な防水対策をしている点がこのシステムを当店が推奨する理由です。

IMG_0273




その上にパネルを乗せる縦桟を設置していきます。
ソーラーフロンティアの工法は横桟を使用しない工法です。

IMG_0275




専用のワッシャとナットで固定します。

IMG_0291




縦桟は長短2種類ありますので連結していきます

IMG_0289




全ての固定金具、縦桟を取付けました。

IMG_0290




落雷があった時の為に金具にアース線を接続していきます。

※ このアース線の接続忘れなのか、アース線を接続していない
現場がけっこうあるそうです・・・

IMG_0304




架台の設置が全て終わり、いよいよパネルの設置です。
太陽光発電システムメーカーの中で唯一の化合物系CISパネルです。

IMG_0306




パネル一枚につき4カ所確実に固定していきます。

IMG_0297




パネルからのケーブルを屋根の上に転がさないように
架台に結んでいきます。

IMG_0310




全てのパネルを設置したところです。
フラットなブラックパネルですから美観も良いですね

IMG_0328





ケーブルを専用のPF管の納めて配線していきます。
こちらの地域は塩害地域となりますので
接続箱、パワコンは全て屋内設置となります。

IMG_0334




屋内廊下に設置した接続箱とパワーコンディショナーです。
隠蔽できなかった配線はモールに納めました。

IMG_0333




既存の配電盤横に新たに太陽光発電用のブレーカーを取付けました。
左が太陽光用ブレーカー、右は漏電ブレーカーです。

IMG_0325




屋外にある電気メーター器です
右側が今回新しく取り付けた「売電用」のメーター器です。
これで発電した電気をまず家庭内で使い、余った電気を
東北電力さんに売ることができます。

solar08





工事全て無事完了し順調に発電を開始しました。
当店へ太陽光発電システム設置をご依頼頂きありがとうございました!

<補助金>
糸魚川市  189,000円
  国      94,000円



kobaden_itoigawa at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月12日

太陽光発電システム4.5Kw設置工事 糸魚川市内

糸魚川市内で、太陽光発電システム工事を行いました。
今回はソーラーフロンティア社製、4.5Kwのシステムです。

IMG_0078




工事前の状況です。
和瓦の寄棟屋根2階建てです。
今回はできるだけ多く発電するようにして欲しいということで
大屋根に東・西・南の3面と下屋南面(写真左側)にも1面設置します。

IMG_0825




まずは墨出しをし瓦をはがしていきます。
場所が決まったら固定金具を取り付ける補強板を設置していきます。
補強板の下にはブチルゴムシートを敷き防水します。
(※防水シートを敷かない工法のメーカーもあります)

補強板は確実に垂木にビス留めします。

IMG_0828




固定金具を取り付け瓦を元通り戻しました。
固定金具の下は瓦保護用のゴムシートが付いています。

IMG_0837




全ての固定金具が取付きました。
ソーラーフロンティアのシステムは横桟を使用しない工法なので
この上に縦桟を取り付ければ架台の設置はほぼ終了です。

IMG_0844




固定金具に縦桟金具を取り付けていきます。
積雪地用の架台です。

IMG_0858




以前のブログでは記載していませんでしたが
架台にはアース線を接続し落雷時にはアース線で逃がすようにしてあります。

IMG_0853




大屋根東面にパネルを設置した様子です。
10枚のパネルを設置しました。

IMG_0855




大屋根南面にパネルを設置した様子です。
6枚のパネルを設置しました。
南面ですが、落雪のことを考えてこちらはわざと少なめにしてあります。

IMG_0860




西面設置の様子です。
配線がまだ途中の写真でした・・・
こちらは10枚のパネルを設置しました。

IMG_0861




下屋、南面に24枚のパネルを設置した様子です。
こちらもまだ配線途中の写真です

IMG_0107




下屋に設置したパネルは大屋根からできる限り離しました。
大屋根のパネルからの落雪があたらないようにと
影ができるだけ当たらないように、それと下の車庫入口に
雪が落ちないように設置しました。

IMG_0866




廊下の配電盤横にパワーコンディショナーとブレーカーを設置しました。
パワーコンディショナーで発電した直流の電気を家庭内で使える
交流の電気に変換します。

配線は 2階天井裏 → 壁中 → 1階天井裏 → 浴室点検口と
宅内配線は露出配線を全くせずに隠蔽して1階廊下までもってこれました。

設置面が4面あり、おまけに悪天候でしたので
2日にわたっての工事でしたが無事完了しました。

こちらのお宅は糸魚川市から280,000円の補助金、
国から216,000円の補助金が出ましたので
合計496,000円の補助金を受け取ることができました。

補助金の申請は当社で代行して申請させて頂きました。

IMG_0139




当店に太陽光発電システムの設置工事を
ご依頼頂きありがとうございました!


kobaden_itoigawa at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月11日

シャープ太陽光発電システム4.12kw設置工事 糸魚川市内

糸魚川市内で太陽光発電システムの設置工事を行いました。
今回はシャープ製4.12Kwのシステムです。

設置した場合の光熱費シミュレーションを作らせて頂き
かなりのメリットがあるということでご成約となりました。
以前当社でエコキュートの工事もさせて頂いており
オール電化と太陽光発電の相性の良さも確認して頂きました。

IMG_0080



設置前の状況、片流れの金属縦葺き屋根です。
工事日はあいにく雪が降っていたのですが
写真でわかるように傾斜がほとんどなく、屋根材も比較的滑らない
材質でしたので気を付けながら工事させて頂きました。

IMG_0111




まずはパネルを取り付けるための固定金具を取り付けていきます。
雪を払い、屋根を拭いて設置し、ステンビス2本で取り付けます。
固定金具の下にはブチルゴムシートが入っており防水しています。

IMG_0112




縦桟を取り付ける為同じように固定金具を2か所取り付けます。

IMG_0113




ビス頭はコーキングで防水処理します。
ここで使うコーキングはホームセンター等で売っている物ではなく
特別に取り寄せした物を使っています。(価格もだいぶ高いです

IMG_0114




固定金具の上に縦桟を取り付けていきます。

IMG_0116




全ての固定金具、縦桟が取り付け終わると
その上に横桟を取り付けていきます。

IMG_0118




全ての横桟が付いた状態です。
あとは太陽光パネルを設置して配線するだけです。
しかし、改めて見るとけっこう雪が積もってますね・・・

IMG_0119




端から順番に設置、結線していきます。
配線の仕方は何通りもあるのですが、糸魚川は積雪の
問題もあるのでその辺も考慮して回路を組んでいきます。

IMG_0120




1段目5列の設置が終わった状況です。
同じように5段まで、計25枚のパネルを設置していきます。

IMG_0121




同時に屋根の下でも作業を進めていきます。
接続箱と一体のパワーコンディショナーです。
こちらで発電した直流の電気を、家庭内で使える交流の
電気に変えます。

IMG_0122




屋内の配線は見えないように、浴室の点検口から入って
隠蔽配線していきます。

IMG_0126




今まで付いていた配電盤の横(右)にボックスを取り付け
その中に新たにブレーカーを取り付けました。
中にあるコンセントは停電時に非常用として使えるコンセントです。
日中、晴れて発電している状態であれば最大1,500Wの機器が使用できます。

IMG_0123




カラー電力モニターが取付きました。
こちらで発電量、買電量、売電量が一目でわかります。
下はテレビドアホンです。

IMG_0127




今までは一つだった電気メーターが二つになりました。
一つは買電メーター、もう一つは売電メーターです。
日中発電して、余った電気は東北電力さんに買ってもらえます。

こちらのお宅は電気契約が「やりくりナイト8」なので
買う電気は日中1kwhあたり約26円で買い、余った電気は
1kwhあたり42円で電力さんに売れるようになります。

そして夜は1kwhあたり約8円と格安の深夜料金なので
昼は自分で発電した電気を使い、夜は発電しませんが
安い電気代なので、オール電化と太陽光発電の組み合わせは
抜群に相性が良いのです。

IMG_0137




全ての工事が完了しました。
ちなみにこちらの写真は、後日雪が消えてから撮影した物です。
工事完了後、予想以上に雪が積もりまして・・・

ちなみに、こちらのお宅では
糸魚川市から280,000円の補助金、
国から197,000円、合計477,000円の補助金を受け取れました。

これからはパーフェクトオール電化ハウスとなったお家で
快適にお過ごし下さい♪

当店に太陽光発電システムの工事を
ご依頼頂きありがとうございました!


kobaden_itoigawa at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月25日

太陽光発電システム 2.97Kw設置工事 糸魚川市内

先日、糸魚川市内で太陽光発電システムの設置工事を行いました。

今回はソーラーフロンティア社製の2.97kwです。

それでは工事の様子です

IMG_0504














こちらが設置前の屋根の様子です。
和瓦の切り妻屋根Dす。
この面一面に太陽光パネルを設置していきます。

IMG_0511














墨出しをし、瓦をいったんはがしていきます。
その後補強板を取り付けます。
補強板は必ず垂木にビスどめをしていきます。
補強板が取り付いたら取付金具を設置していきます。
補強板の下にはブチルゴムシートを敷き防水しています。

IMG_0517















瓦を元通りに戻して取付金具の設置は完了です。

IMG_0530















取付金具を規定数取付終わったら縦桟を取り付けていきます。
同時に屋根の不陸調整も行います。

SN3E0886















途中の写真が抜けてますがパネル設置しました
こちらのお宅は一昨年にエコキュートの設置工事もさせて頂きました。
IH、エコキュート、そして今回太陽光発電システムだ付いたことで
「パーフェクトオール電化ハウス」となりました^^

また後日写真等追加したいと思います

kobaden_itoigawa at 13:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月19日

すごいぞ!ソーラーフロンティア!^^

当店に設置した太陽光発電システム(ソーラーフロンティア社製)
は最大出力3.57kwの発電システムなのですが
只今それを越えて発電しております
現在3.8kw 発電中!
すごいぞ! がんばれ!


2011061911040000




ちなみにこの「最大出力よりも実際の発電量が多くなる」という現象は
ソーラーフロンティア以外のメーカーの太陽光パネルでは
起きない現象
なんだそうです^^

カタログを見て「公称最大出力」が大きいから良いパネル、
「変換効率」が良いから良いパネルではないですね。

大事なのは「実際に設置した環境でどれだけ発電するか」ですね^^

kobaden_itoigawa at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)